嫌いな言葉。

私、ハタチくらいの頃からどうしても好きになれない言葉があります。

・世の中そんなもん
・大人になれよ
・長いものには巻かれろ

という言葉。

この言葉を出す理由には、それなりの楽さがあったりとか
悩んだり考えなくていいとか「メリット」らしきものもあるんだろうなぁ…
と思ったんですが。

それでもやっぱり、悩む前からしょっぱな、この台詞を出されるのはイヤです。

試しに、この3つの言葉を口に出して言ってみてください。
心が晴れ晴れしたりエネルギーがむくむく湧いてきますか?

すくなくとも私にとっては肩を落とすのがせいぜい。
ラックスじゃなくてただただ緩んでチカラを失う感じがします。

何より問題なのは、これ言った瞬間に考えなくなるんですよね。
「世の中そんなもん」って言うときの「そんな」はたいてい、
本人にとっていいイメージじゃないですよね。

でも我慢して飲み込んで生きてくんだ。
俺たち、小者や青二才の考えなんて通用しねーんだ…。
って諦めを感じます。

で、ここで当人が描いてる「そんな」って人によって違うはずなんですよね。
それをひとくくりにして分かったような気になってしまうから、
考えがストップしちゃうと思うんです。

*****

ほとんどの人の願いは、自分を取り巻く周りのひとに今よりホンの少しでも認められたい。 ただそれを満たすだけでも、もしかするといくばくか幸せを感じられるかもしれない、そんな状況だと思うのです。

そして、それくらいの規模なら
ちょっと自発的に空気を破ったりちょっとだけ人と違う発言をするだけで
叶うことが山ほどあるはずなんです。

こういう等身大のちいさな動きからこそ、
「世間」への石を投げる一歩が始まるんじゃないでしょうか。

たとえば、ずっと思っていた人に告白したり
たとえば、ずっと参加したかったイベントに足を踏み入れたり

たとえば、両親にずっと言いたかったことを言ってみたり
たとえば、上司に意見してみたり。

で、私の知る限り
・世の中そんなもん
・大人になれよ
・長いものには巻かれろ
って言う人ほど、上記のことすらしないんです。

……諦め地点が低い。

本当は諦めたくないと思ってる些細なことを
「世間」「大人」って大きな言葉でごまかすな!って思います。

ただ、やってみた結果、思ったようにはならないかもしれません。

でも、それって
「世の中がそんなもん」だからでしょうか。
「諦めるのが大人」だからでしょうか。
「長いものこそ正解」だからですか。

じゃなくて、自分がもうちょっと工夫したら
次回はいける可能性もあるんちゃいますか。

今見えてる一歩だけでも積み重ねてみよう。
私はそんな風に、青二才でいきます。

Photo by Joshua Earle on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です