“現実”世界と“空想”世界。密度の違いで次元ボケする人。

前回記事 ⇒ “現実味”のないせかいの、言葉。 のように、自分の体験する世界を“現実”と“空想”に分けるとする…

続きを読む →

“現実味”のないせかいの、言葉。

今月に入ってからの記事は、今までにも増して現実味がうすれてるんじゃないか。 と、自分では思っている。現実味って…

続きを読む →

自分を全開にしない、という自己表現。

2年ほど前まで、アメブロでブログを書いていた。2010年から6年間くらい、ブログを作り直しながらも書き続けてい…

続きを読む →

代弁されてスッキリしてる場合じゃないわ。

ネット上のリアクションに対して、もうひとつ記事を書いてみる。 なにがしかのオピニオンリーダー的な人が、日ごろ疑…

続きを読む →

不器用でもまっすぐ表現することで、心打たれる人が必ずいる。

前回記事の続きです。 前回はこちらから読んでみてください。 ⇒ 文章から伝わるのは、いわゆる現世的な「情報」だ…

続きを読む →

文章から伝わるのは、いわゆる現世的な「情報」だけではない。

前回記事の続きを書こうとして…それよりも、ついさっき思い出したことがあったので優先してみる。 ブログを休む前、…

続きを読む →

「シゴト」しかしないのはサボりである?

私的に、これからは「シゴト」というものの概念が大きく変わるんじゃないかと感じていて。と言っても昨日ひらめいたこ…

続きを読む →

不要なストーリー見つけたら、アンインストールしちゃえ。

今月のアタマ頃気づいたお話。 よく、飛行機の離陸を人生にたとえる話ありますよね。 何か新しいことを始めようとし…

続きを読む →

センスをみがくには…。自分のセンスを徹底して優先してみる。

特定の能力をさらりと発揮していたり、理論を飛び越えて感覚でうごけている人を見ると、「センスよくっていいなあぁ……

続きを読む →

「狭く、けれども深く」。内向的な人は、小手先で広げたりしなくてもいいんじゃないかと思う。

昨夜、この1年の自分の変化について旦那くんと話していました。 どうも、去年までの自分の思考回路だと行動がともな…

続きを読む →