【動画】スキルが身に付かない…!と思ったら自分発見のチャンス。

毎年、この時期になったらアタマを悩ませる確定申告。

好きなことだけやりたい!と思って個人事業はじめたのに。こんな重い作業がセットについてくると思いませんでした…。

というのが私の正直なところでした。

 

とはいえ、活動を始める前に、そういうこともあるだろうなと予想はついてたんだもん!と弁解はしたい私(笑)。少なくとも事務職の派遣をはじめてやったりして、ちゃんと事務スキルや、めんどうなことへの耐性は身に付けたはずなのに…!なんか、お金の計算となると、気の重さがハンパじゃないんですよね。

ですが。

去年あたりから、風向きが変わり始めたんです。収支の入力作業が楽になってきた。むしろ、場合によっては楽しいと感じることすら、ある。

「ああ、あの時こういうお客さんに会ったな」とか。

「ああ、この時期はこれが乗り越えられなくて苦しかったなぁ…」とか。

振り返ることで自分を棚卸しできる、ちょっとしたイベントに変わってきたんですよね。

 

そのキッカケは…お金と心理の関係性に光を当てだしたこと。

お金には、例外なくその人の人生経験とセットで思い込みがくっついています。お金は、モノとしては、価値をはかる数字(尺度)に過ぎないのに。

たとえば、

お金を持っている人は優れているとか。あんまり稼いでいない自分はゴミみたいだ、とか。その逆で、儲けまくっている人は悪事を働いている、とか。節約上手こそ主婦のカガミ、なのに私は浪費してる…とか。もっとお金欲しいと思っているのにそれを出すのは恥ずかしい、などなどなど。

(しかも、この妄想を語る脳の面白いところは、ちょっとアホなところ。具体的にいくらだったらいいのか、なんて具体性がなかったりします)

 

確定申告って、足し算とか引き算の単純作業だと思ってたんです。でも、スイスイ進まない。その数字を見ると、上記のような思いが呼び起こされてキツいんですわ。しかも、その思い自体がしんどいってことに気づいていない。私には多々ありました。それを見つけて、必要な対処をほどこしていったんですね。

 

そうすると、作業と感情を分けてできるようになりました。ほんとに単純作業として取り組める。ほとんどが、経理が苦手とかいう、スキルの問題じゃなかったんです!

確定申告にかぎらず、料理なんかもそれで克服しましたしね(笑)。

 

先日、パートナーと久々に動画を撮っていたら、お金の話が出てきました。この動画で、お金と向き合う際に何をやったかを語っています。


ここで話していることは、もちろん私達のごく個人的な感想なんですが…プライベートだからこそ、何かの参考になるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です