世界観は、贈り物のラッピング。

プロフィールページを作りました。

⇒ プロフィール

私の今の活動、“世界観クリエイター”というカタチで統合しました。

また、リズムに合わせて変わるかもしれませんが(笑)。

 

 

世界観って、贈り物のラッピングにも似ていて。

人に贈るものは、中身がよければいいじゃん。でいいはず。ラッピングなんて、開けた時点でほとんどは棄ててしまうものです。

でも大方の人は、贈り物をコンビニ袋に入れて渡すのは、気が引けますよね。

gift-photo-1453834190665-46ff0a1fbd5a_convert_20160919215811

たしかに、中身そのものに価値があることは間違いない。ですが、「貴重なものをもらった…!」っていう喜びがあるのはラッピングされた方だと思います。

特に、憧れのお店のラッピングともなると、リボンや包装紙、紙袋を丁寧にたたんで置いておきたくなりません?別にそれを後で使うとも限らないのに。

もしくは棄てたとしても、その贈り物を使ったり、思い返したりするたびに、そのラッピングのイメージまで、セットで思い返すこともあるんじゃないでしょうか。

そういうわけで、ラッピングには思った以上にココロをアゲてくれる効果があります。

贈り物受け渡しの瞬間、封を開ける瞬間だけじゃなく、思い出まですべてが価値になるのです。

 

それが、“世界観”。

 

人は人やモノを選ぶとき、無意識にその“世界観”に浸れる自分を選んでいます。

ここで質問。あなたの世界観には、どういうものがフィットしているでしょうか。

下のリストを参考に、人に聞いたり、自分が心地いいと思うものをチェックしてみてください。何か共通の空気感が感じられるかもしれません。

 

・イメージカラー

・イメージパターン(柄)

・イメージアイテム

・イメージワード(コトバ)

・イメージ音楽

・イメージブランド

・イメージアート

・イメージムービー

・イメージ女優(俳優)

・イメージスペース(空間・お店など)…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です